「売却査定」について

 

【売却査定について】

 

査定には 「簡易査定(机上査定)」 「訪問査定」 の2つの方法があります。

 

 

[簡易査定 (机上査定)]

 

「周辺の売出事例」や過去の「成約取引事例」、1年に1度発表される「公示価格」などに基づいて、概算の査定価格を算出する方法のことを指します。

 

不動産会社を訪問しなくても、電話、メールなどで物件種別(マンション、一戸建て、土地)、所在地、面積(専有面積、土地面積、建物面積)、築年数、希望する売却時期などを依頼することが可能となっています。

 

物件の基本的な情報から算出するため、不動産会社によって大きな差が生じることはほとんどありません。

 

査定時間も短期間で算出することができ、早ければ数時間で査定価格を知ることができます。

 

 

 

 

 

 

[訪問査定]

 

不動産の基本情報から算出する簡易査定(机上査定)のデータに加えて、不動産会社の担当者が現地(所有する不動産)を訪問した際に、物件の使用状況や土地の地形、形状、接道状況、日当たり、周辺環境を確認し、さらに法務局や行政庁などで法規制やインフラ状況を調査した上で算出する詳細な査定方法のことを指します。

 

訪問査定に要する時間は数十分程度、査定額を提示されるまで数日かかるのが一般的です。

 

査定を依頼する際には、事前に登記簿謄本(土地・建物)、公図、測量図、建物図面、権利証、購入時の重要事項説明書などを準備しておく必要がありますが、不動産会社によって必要となるものが異なるので、査定を依頼する際に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

では、この2つの査定はそれぞれどのようなときに利用すればいいのでしょうか。

 

 

例えば、「簡易査定(机上査定)」は、買い替えたい家があるが、今の家を売って買い替えることが可能かどうかの実現性を図る材料として利用するといいでしょう。

 

また、将来的に遺産相続が発生する場合、資産価値がいくらくらいになるか知っておく場合に利用することもできます。

 

「訪問査定」は、現実的に不動産の売却を考えている場合に利用するといいでしょう。

 

査定にプラスになったこと、マイナスになったことも把握できるので、売却する際に参考になることを知ることもできます。

 

ただし、両者の査定とも会社によって、査定額に多少の差が生じることがありますので、できるだけ複数社に依頼しておくと良いでしょう。